2019.02.27

北九州・黒崎祇園山笠

小さな子供神輿を引いていた子供たちが、やがて大人になり、各町ごとに派手に飾り付けられた山笠を引いて町を練り歩く、鐘の音と太鼓の音が激しく、しかし心地よく響き渡り「わっしょい」という掛け声とともに、一年の感謝を込めて神様に町を見ていただく。親子三代に渡り受け継ぎ、ともに楽しむ夏の一日は、かけがえのない年の積み重ねとして、家族の思い出となっていく。

Share

    
                                                                              
  • Twitter
  • Facebook